ブログ

8月にはいりました

 

草木の緑も一段と濃くなってきましたが、

皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

先日、遺品供養士についてどのような印象があり

活動はどのようにしていけばいいか

受講をお考えの方にお伺いする機会がありましたので

少しご紹介させていただきます。

 

一番の感想は、『奥が深いな』と思った事。

自分の家を片付ける様な考えでは駄目なんだと思いました。

実際に、自分が実父・祖父母の遺品整理を経験して身内だからこそ

片付けられない部分が有る事を学びました。

そうゆう状況のなか「心」ある業者さんに介入して頂けたら

どれほど心強いか。想像します

これからの高齢化社会、商売としてではなく

御遺族の方に寄り添いながら前を向く為のお手伝いをする。

そんな想いでこのお仕事に携わっていきたいとおもいました。

 

 

遺品供養の中にはたくさんの方の想いがつまっていると

おもいます。